きりしま支部2月例会

2016.1.26

■テーマ■
地域になくてはならない会社をめざして~オレ達の街はオレ達の手で~
■報告者■
ダブルハウス㈱ 代表取締役 渡会 真也 氏
■ここが参加しどころ■
「やるときはやる」-何事にも一生懸命取り組む渡会さんの基をつくったのは、厳格なお父さんの教えです。その「やるときはやる」が大いに発揮されたのは昨年の商工会青年部の「若い経営者の主張大会」。県大会、九州大会の優秀な成績をもって全国大会へ。見事、九州の商工会青年部の気持ちを一つにまとめました。
渡会さんは、大学を卒業後、建築会社、サッシなどの営業派遣社員を経験する中で、自分が建築の仕事を通して本当にやりたいことは何なのかを悩み続けます。「建築の面白さは、お施主様の希望や夢を形にする“ものづくりの面白さ”にある。」の考えに至り、2012年中郷地区にお店を構え独立しました。
 今、渡会さんをはじめ中郷地区の商工会青年部は元気です。この元気を支えているのは、何なのか。渡会さんは「地域貢献は、祭りや活動だけではない。中郷の会社が元気になり、中郷に人を呼ぶ、雇用することがおおきな貢献になる」といいます。
あなたの地域は元気ですか。元気になるためにどんな経営をしていきますか-渡会さんの報告をもとにみんなで考え合う例会です。ぜひ、ご参加下さい。 
 座長/南九州エンジニアリンク 中馬大樹 
 室長/(有)英建設 財部周作

参加申込みはこちら→きりしま支部2月例会

2月きりしま_渡会氏