ひむか支部3月例会

2016.2.24

自社ブランド『薬草生活』の立ち上げから3年
~地域になくてはならない会社をめざして~

㈲山下薬草店 代表取締役 山下 洋一氏(きりしま支部)

 山下氏は、大学卒業後、大阪の製薬会社に就職し、営業、製造の経験経て2010年に故郷高原町へ。父親の経営する山下薬草店へ入社しました。
 山下薬草店の薬草は、良質で製薬業界では高い評価を得ていましたが、買取価格はメーカー任せ。仕事は忙しいが利益は上がらない。自分の思い描いた仕事ができず、もどかしい思いをしていました。2012年に社長に就任し、同友会に入会したのがきっかけで自社商品『薬草生活』の開発・製造・販売を開始しました。
 下請け中心だった事業から小売り、販売、店舗経営まで事業の幅を拡げました。手探りの状態でスタートした新規事業、右も左も分からず悪戦苦闘する日々。『薬草を生かす』を理念に掲げ、地域になくてはならない会社を目指して3年。その経験と苦悩の中で仕事づくりの捉え方が変わってきたと話す山下氏。
仕事づくりとは何か?自社の存在意義とは?山下氏の報告をもとに、共に考え深めあいましょう。みなさんのご参加お待ちしております。
座長:松浦牧場 松浦千博 室長:㈱南国 河野当将

と き:2016年3月22日(火)受付/18:00~ 例会/18:30~21:30
    ※例会終了後、『七輪』に移動して懇親会(3,500円程度)を行います。
      懇親会にもぜひご参加ください。
ところ:川南町文化ホール 児湯郡川南町大字平田2386-3
参加費:1,000円(会員は無料)

参加の申込みはこちらから→ひむか支部3月例会

Taro-3月例会案内チラシ