6月23日(木) きりしま支部6月例会

2016.5.16

きりしま支部第17回定時総会お疲れ様でした。
2016年度きりしま支部は、「社会情勢に負けない強靭な自立型企業づくりを推進しよう」のスローガンの元、150名の仲間づくり、年6回の例会での学び合い、3つ(経営基礎・経営指針・企業変革)のテーマでの部会の活動方針を採択しました。
学び合い、切磋琢磨し合って、よい企業、良い地域をつくっていきましょう。

2016年スタートの例会は、コレだ!!
■テーマ■
選ばれる企業への挑戦! 
~企業存続をかけ仕事・地域・人づくりに立ち向う~
■報告者■
(株)おりなす建材 代表取締役 那須 久司 氏
(宮崎同友会理事・第25回フォーラム実行委員長)

日時:6月23日(木)18:20~21:00
会場:グランドパティオ都城

※懇親会費は4,000円程度

6月_きりしま例会案内■ここが参加しどころ■

 リーマンショックや公共工事の減少の影響から受注量が減少してきたのは五年前。同じ頃から、県外資本の建設業者の県北への進出が顕著になり、県北の建築業者の受注力は益々低下してきていました。「このままでは経営が行き詰まる」-打開策を考える中で那須氏が取り組んだのがビル用サッシの内製化です。これにより、一時は切り捨てようかと考えていた部門がドル箱になり、那須氏自身にも新たな事業意欲がわいてきました。
 那須氏は、後継者としてどのように考え、どう行動をしてきたか。
 ①自社サービスと地域ニーズのギャップ、
 ②地域密着の取り組み、
 ③内製化という改革、
 ④人材不足という新たな課題。
その折々で那須氏が大事にしてきたことは、「自社の理念」でした。
 後継者が、経営の課題に気づき、自社を改革し、新たな課題にぶつかる!と言う企業のライフサイクルに直面した時、どのように考え、行動するか。那須氏の体験から学び、そして、参加の皆さんと共に、「選ばれる企業となる」のためのビジョンや取り組みを討論しあって自社の経営を見つめ直す機会にしたいと考えています。
■担当■
企業変革部会1グループ・座長/(株)今村工業 今村幸史