11月2日(木) 宮崎北支部11月例会

2017.10.18

同友会での学びから知る自社の存在意義
~共に学び合う仲間との絆があった~

㈲東栄空調 代表取締役 東郷浩二氏

先代の余命宣告一カ月を受け、心の準備もないままに会社を継承した東郷氏。

「その時の財務状況は⻑期はもちろん、短期借⼊も困難なほど資⾦繰りは悪く

不渡を出す寸前だった」と話します。
経営者として、ただがむしゃらに目の前の困難に⽴ち向かっていた東郷氏。

そんな日々の中で同友会と出会い『経営指針をつくる会』に参加。

自社の存在意義とは何なのか?経営者の責任とは?

つきつけられる課題に夢中で取り組む日々がありました。

同友会に入会し、宮崎北⽀部幹事になったことで、共に学びあう仲間との絆が⽣まれていきました。
経営指針委員会、共同求人委員会にも参画し、いつの間にか、

同友会にドップリ浸かっていました。
同友会では、自ら学び取ることが重要であると考え、

同友会での学びと経営での実践を、不離一体と考えています。東郷氏の報告から、

自社の存在意義を考えあいましょう。
座長:社会保険労務士法人ALX 井手真弓
室長:デーサル 山本 英晃、㈲ワネットライフ 渡辺哲史

と き 2017年11月2日(木)18:30~21:30
※例会終了後、会場を移して懇親会(4,000円程度)を行います。
10月30日(月)以降のキャンセルはできませんのでご了承ください。
ところ 宮崎市民プラザ4階 ギャラリー
宮崎市橘通西1丁目1-2 TEL:0985-24-1008
参加費 1,000円(会員は無料)

※宮崎北支部11月例会へご参加希望の方は→