1月23日(火)新春経営者交流会

2017.12.13

一年の幕開けとして「新春経営者交流会」を開催します。
10年ぶりに来宮される大里総合管理㈱ 野老真理子社長の経営実践報告に学びあい、地域と自社の未来を描きあいましょう。

■テーマ■
社員一人ひとりが輝き、地域が輝く企業づくり

■報告者■
大里総合管理㈱ 社長 野老真理子氏(千葉同友会)

『大里総合管理㈱』は、野老氏が入社した1985年頃は仲介中心の不動産業でした。
94年、野老氏が社長に就任した頃にバブルが弾け、大網白里一帯は不在地主の土地が増えていき、手入れがされず土地が荒れていきました。
荒れた土地が多いと町も荒れていく―と、土地管理に力を入れていき、当初500件程度だったものを10年で6900件へと拡大。
現在管理地は8500件を越えています。

社長就任3年後に起きたある出来事をきっかけに、同社は大きく変革してきました。
「気づき学ばない限り、改善はできない」と言う野老氏。
気づく力が高まっていく中で、地域の課題を解決する地域貢献活動がうまれ、今やその数は342にものぼります。
「仕事さえやっていればいいのではない。ここには暮らしがある。
気づいたときに、やれることをやっていけば、それを含めて仕事につながっていく。
人はそれぞれの能力を発揮し、それぞれがやれることをやる。
そして、それを分かりあい、認めあえるからこそ成長し、幸せを感じることができる」。
経営指針を軸にした経営を続け、毎年経常利益は売上の1割を確保し続けています。

顧客、社員、会社、地域の四つの好循環を生み出す『四方よしの経営』。野老社長の実践に学びあい、地域と自社の未来を描きあいましょう。

第2部は賀詞交換会。
近況を交流し、明日の宮崎、我が社の2018年について、大いに語り合いましょう。

と き:1月23日(火)
第1部 新春講演会 16時~19時20分
第2部 賀詞交歓会 19時50分~21時30分
ところ:宮崎観光ホテル
参加費:第1部 1,000円(会員無料)
第2部 6,000円
※第2部は1月20日以降のキャンセルはできません。

※新春経営者交流会への参加ご希望の方は→