宮崎南支部9月例会(9/10)レポート

2020.10.19

例会テーマ「こんな時だからこそ、皆さんに問います。あなたの会社の社員さんは意欲的に働けていますか?~人を生かす経営の実践~」というテーマで報告者に吉田社会保険労務士事務所の吉田新治氏に報告頂きました。座長は㈲サクセスノザキ 野崎勇作、室長に㈲サンエク 白川哲隆氏で2人とも初めての座長室長でした。

 報告内容は、社会保険労務士として25年に渡り活躍されている吉田氏の経験を活かし、コロナ禍の厳しい経営状況の方が多い中で雇用を維持し、社員さんを意欲的にさせ業績を上げるにはどうすればいいのか?経営者側は何をすべきか?というようなことを、長年様々な会社を見てきた社労士ならではの目線から、実際の事例(うまくいった事例・そうでない事例)を交えながら報告頂きました。

 

 グループ討論ではZoomで5グループ、事務局で2グループと別れ、初めてのハイブリッドグループ討論となりました。途中トラブル等ありましたが活発な討論があったかと思います。

 

 中小企業家同友会全国協議会より発行されている「人を生かす経営~中小企業における労使関係の見解」にリンクする内容が盛りだくさんで、報告でした。

「両立」「目標」「評価」そして会社の土台作りの重要性は業種問わず通用することですので、皆様にとっても「気づき」があったのではないでしょうか?

 今回の例会をうけ、これからも時代は激しく変化していきますが、今一度会社の土台を固め、社員さんが意欲的に自発的になり会社がずっと存続するような体制づくりができるきっかけになればと思います。

 

例会終了後には、5名参加いただいたゲストのうち2名が入会表明をして頂きました。

 

分析/野﨑勇作(㈲サクセスノザキ・宮崎南支部9月例会座長)