きりしま支部10月例会(Zoom)

2020.10.21

きりしま支部10月例会は、業種、会歴の全く違う4名の経営者の
リレー報告をもとに、地域に必要とされ続けるために自社は今、
何をすべきかを学びあいます。

Zoomを使ったリモート例会ですが、15名までであれば、運営
本部会場(未来創造ステーション)にて参加できます。通信環境が
悪い等Zoomでの参加が厳しい方は、会場にお越しください。
アンケートにてご回答ください。
※先着になりますことご容赦ください。

もちろん、ゲスト参加大歓迎です。「外部からの参加申し込み」
からご登録ください。
             座長 野口和宏  室長 高濱優子

◆テーマ◆
いまこそ変化に対応し、地域のインフラとしての自覚を高めよう
~コロナ禍に直面して見えてきたこと、取り組み始めたこと~

◆報告者◆
㈱ソーア    代表取締役 柳村勝実氏
㈱フィットピア(Salute) 専務取締役 杉村 定隆氏
スナック翡翠・合同会社絆 代表 中村 麻里氏
一整骨院 院長 原村一平氏

◆ここが聞きどころ◆
○影響が出始めた4月から飲食業ならではの様々な取り組みを始
 めた杉村氏。顧客の大切さを改めて感じながら難局を乗り切り
 つつあった矢先にまた新たな試練を目の前にしたその思いとは?
○夜の飲食業の他に3年前から昼の建設業を始めた中村氏。打撃
 を受け様々な取り組みを講じた夜と、今のところ影響のない昼
 において、同じある方針を打ち出し実行したという中村氏の思
 いとは?
○「健康産業なので影響はないだろう」と考えていた整骨院を営
 む原村氏。実際には前年比30%ダウンとなりますが、ある取
 り組みによって現在は経営も安定しているといいます。
○4月から7月までの売上が全国のダスキン販売店1200店舗で
 トップになった柳村氏。2月の段階での商品戦略の見直しと以
 前からの同友会メンバーとの取り組みが要因という柳村氏の思
 いとは?

会員外の方の参加お申し込みはこちらから