【レポート】ひむか支部オンライン勉強会(9/25)

2020.11.28

9/25 川南町商工会経営指導員の和田氏「新型コロナウイルス関連給付金等について」

 

ひむか支部では今期の活動として、オンラインを主体とした勉強会を実施しています。

 

経験したことのないコロナ禍において、経営者には新たな学びと実践が必要とされています。
これまで「感染が分かって休んだら、給料はどうなるのですか~社員の不安な声。安心して働ける社内での対応とは?」「BCPとは?非常事態が起きた時の対応策」というテーマで勉強会を開催してきました。

 

ここでは、9月25日に開催されたオンライン勉強会について紹介します。

 

テーマは「新型コロナウイルス関連給付金等について」です。

講師に川南町商工会経営指導員の和田氏を招いて、報告後に質疑応答、各会員の事例報告等を行いました。

国・県・市町村・金融機関による給付金や補助金、融資制度がかなり整備されてきており、自社に適した制度を確認する機会になりました。また、自身の周りの経営者の方にも伝えたいと思いました。

今回は制度について学ぶことに重点をおきましたが、次回以降、会員による実際の制度利用に重点をおいた勉強会が開けたら良いと考えています。

 

新型コロナウイルスの影響はいつまで続くのか、更に悪化するのか分かりません。

 

今回の勉強会では、「今後の備えとして、自社の数字を把握して自社の状況を再確認する。その上で将来のために出来ることを考える。」とまとめました。