【案内】県北支部3月例会

2021.3.8

県北支部3月例会は、高千穂町で旅館「高千穂離れの宿 神隠れ」を
経営している、(有)かみのや 代表取締役 佐藤雄二郎さんの 経営
体験報告をもとに学びあいます。

テーマは「観光のまち高千穂で新たな挑戦!
      ピンチのなかにチャンスはある!
        外的要因に左右されない強い地域づくり」 です。

新型コロナウイルス感染拡大は、観光のまち高千穂にも大きな影を落としています。佐藤氏が営む旅館「神隠れ」も宿泊客が激減しましたが、同じく売上が激減した地域の事業者さんと助け合うテイクアウト事業に取り組み、活路を見出しました。

若干36 歳にして高千穂町旅館業組合の組合長を担う佐藤氏は、これまでインバウンド需要を掴んでいた高千穂においても、外的要因に左右されない強い地域づくりがアフターコロナには大事であると強く発信しています。
高千穂町では、安心・安全に旅行を楽しみたいという観光客のニーズを満たすために、まちぐるみで最新のIoT システム導入し、新たな観光需要獲得を目指し舵を切っています。

佐藤氏はこの報告を聞いた方に、ピンチの時にこそ地域の状況に目を向け自社の事業で地域のために何が出来るかという視線をもって事業に向き合ってもらいたいと仰っています。
佐藤氏の報告は、コロナ禍のなか外部環境の変化にどう対応すればいいか分からない経営者の皆さんの気持ちを再燃させる報告です。

と き 3月12日(金)18時30分~21時(受付開始18時)
ところ Zoom開催

座長 (株)コノハナ 塩谷愛藍
室長 あいプラン(株) 小川玲人

※準備の都合上3月9日(火)までに参加登録をお願いします。
※参加の方には、後日ZoomのURL等ご連絡申し上げます。

会員外の参加申込みはこちらから