きりしま支部3月例会

2022.3.7

きりしま支部3月例会のご案内

□テーマ□
人も豚も幸せにして日本の食を支える
 ~同友会で気づいた自社の存在意義~
□報告者□  
 (有)永峰養豚場 代表取締役 永峰 智浩 氏
   創業/1973年 設立/1998年 売上高/2億3千万円
   事業内容/農畜産業(養豚一貫生産(交配・分娩・肥育))
   社員数/8名(内パート1名・技能実習生2名)
□ここが参加しどころ□      
 養豚場の2代目経営者である永峰氏は、父親から続く家族経営による365日休みなしの経営手法に疑問を持ち、父との度重なる対立を経て、従業員の雇用に踏み切ります。しかし、採用してもすぐに退職され、なかなか定着しませんでした。そんなときに入会した同友会で「社員はパートナー」という労使見解に出会います。従業員との関係性を見直したことで雇用の安定化につながってきました。さらには養豚経営における自社の強みに気づいたことで、規模拡大に踏み出すことを決意。その時あらためて自分の根底にあったのは、「養豚業で日本の食を支える」という経営指針を作る会で決意した思いであることに気づいたのでした。
様々な外部環境の変化がある中で、あらためて経営指針に立ち返り、自社の存在意義を見直す機会となる例会にしたいと思っています。
  座長/㈱ハラケアシステム 原 秀直
  室長/㈱IST STYLE 佐藤輝和

Zoomと未来創造ステーション(リアル)にて行います。
ただし、未来創造ステーションは15名までの参加となります。
会場での参加をご希望の方は、お早めにお申し込みください。

会員外の方の参加のお申し込みはこちらから