県北支部・9月例会

2022.8.22

県北支部9月例会は人材育成をテーマに3人の報告から学びあいます。

「真の人材育成とは。
 ~なぜその地域、その組織には人が集まり、人が育つのか~」

報告者(株)MFE HIMUKA 代表取締役 島原俊英氏(県北支部)
報告者 宮崎県立飯野高校 指導教諭 梅北瑞樹氏
報告者 かわさき屋(株) 代表取締役 川﨑勇樹氏(宮崎北支部) 
  
「いい人材が定着しない・・・」「社員育成がうまくいかない・・・」同友会でも耳にすることが多いこの悩み、実は皆さんが考える『社員教育論』に問題があるかもしれません。
今回は社員教育という視点だけではなく、幅広いフィールドで人材育成に携わられている方々をお招きして事例報告を行っていただきます。
ちがいから学ぶ同友会らしく、学校教育の現場やインターンシップの現場等から人材育成を学び、自社の人材育成に活かしていきましょう。
また、自社のみならず地域人材の育成に取り組まれている報告者の皆様方からは、地域で事業をさせていただく企業家のあるべき姿を学ばせていただきます。地域づくりの観点からも、ぜひ聞いていただきたい報告です。

なぜ、この会社に携わる社員や学生の目は輝いているのか、なぜこの学校の生徒は主体性を備えているのか、一緒に考えてみましょう!

日  時 2022年9月13日(水)18時~21時
      ※準備の都合上、9月8日までにお申し込みください。
開催形式 Zoom会議
      ZoomのURLは開催前日にお送りします。

【報告者の横顔】
(株)MFE HIMUKA 代表取締役 島原俊英氏(県北支部)

宮崎同友会会長。自社の社員教育はもちろんですが、産業支援機構の誘致、地域の若手人材育成など地域人材の育成に取り組んでいらっしゃいます。また、年間を通じて子どもから大人まで工場見学を受け入れ、ものづくりのみならず生きる上で大切なことを社長視点で伝え続けています。
なぜ、島原社長は自社のみならず地域人材の育成に本気で取り組み続けるのか………!

宮崎県立飯野高校 指導教諭 梅北瑞樹氏

県立飯野高校に勤務。宮崎県では、特に優れた教育実践力を有する先生としてスーパーティーチャーに認定されています。
探求型の学びを推進する飯野高校の生徒達は、これからの時代に必要とされる能力を育み、これからの地域を支える人材として大きく成長しています。
なぜ飯野高校の生徒は主体性が育つのか。飯野高校の取組は社員教育のヒントになるはずです!

かわさき屋(株) 代表取締役 川﨑勇樹氏(宮崎北支部)

宮崎同友会宮崎北支部所属。33歳の頃、かわさき屋を創業し、現在に至ります。新卒採用に積極的に取り組んでおり、同時に、宮崎大学地域創生学部生のインターンを毎年受け入れている課題解決型のカリキュラムは学生に大好評です。なぜ川崎社長は新卒採用に取り組むのか。そしてなぜ川崎社長の会社のインターンシップカリキュラムには若い大学生が殺到するのか…!

座長 (株)コノハナ 代表取締役 塩谷愛藍
室長 IGブレーン宮崎(株) 代表取締役 直野祐樹

 

会員外の方の参加のお申し込みはこちらから