きりしま支部9月例会

2022.9.12

きりしま支部、学びの秋の第1弾は、9月例会。
8月例会は、刀坂さんの「魅力ある園づくり」に私たちの会社の魅力づくりは?と学びあいました。
9月例会は、自社の存在意義を社員と共有しあい、それを繋いでいく取り組みを丸山さんの実践に学びあいます。
今回の例会もハイブリッドで行います。
体調に不安のある方、業務上リアルでの参加が厳しい方は、Zoomでご参加ください。
フォーラム前の例会です。ぜひ、ゲストの方をお誘いください。

■テーマ■
 コロナ禍の中で見えてきた「育ちあう会社」づくりへの道
   ~地域の食を支える人たちを支える集団へ~
■報告者■
 (株)ハピネス 代表取締役 丸山 将史 氏     
   創業/1994年 売上高/45億円
   事業内容/食品小売業(業務用食材スーパーを店舗展開中)
   社員数/164名(パート・アルバイト含)
■ここが参加しどころ■      
 (株)ハピネスのホームページには、「世界は変わっても、想いは変わらない」とあります。丸山氏の祖父が戦前に始めた乾物販売。祖父から父へ、父から丸山氏へと80年の時を経てなお、「地域の食を豊かに」の想いがつながれてきています。このコロナ禍の中、地域の飲食業の方々は大きな打撃を受けました。その方たちが「地域の食を支え続けられるにはどうしたらいいのか」-丸山氏は地域の生産者の方たちと連携していろいろなことに取り組みます。そして、それを一緒に支える社員たちにも夢や目標の持てる会社にならなければならないと個人面談の中で語り合ってきました。
 同友会で提唱された「コロナ・レポート」にもいち早く取り組み、自社の強みと弱みを分析。ウイズコロナへ向けて今後の方向性も見えてきています。丸山氏の報告から、地域を支える企業づくりへの道を学びあいます。
   座長/㈱ライフ・テラス 川江 真史
   室長/㈱ブルースター都城支社 山能久直

 

と き:2022年9月25日(火)18:00~21:00

ところ:未来創造ステーション&Zoom

会員外の方の参加のお申し込みはこちらから