《例会参加レポート》宮崎南支部9月例会-宮崎学園短期大学 2年 松本尚子

2022.9.26

9月22日、宮崎市中央公民館で宮崎南支部例会を行いました。例会には40名(支部会員21名、他支部13名、ゲスト4名、学生2名)が参加。当日参加もあり、予定していた34名を大幅に超える参加者数となりました。有限会社スマイルデータシステムの代表取締役 安藤政美さんが幼いころから好きだったものを仕事にする難しさや楽しさを報告されました。わたしは安藤さんの話を聞いて、60歳で会社づくりを見直そうとする行動力のすごさや、好きなものに対する思いの強さがあれば可能性が広がるということを学びました。人見知りであり、人前で話すことが苦手だったけど今ではたくさんの友達ができ、人前で話すこともできるようになったと聞いて新しいことに挑戦することで新しい自分にも出会えるということに気づかされました。

 

 

 

その次に、グループ討論を行いました。討論のテーマは「社員さんたちに自分の会社だと思われていますか?自分の会社と思ってもらうために何をしていますか?」というものでした。わたしもひとつのグループに参加し、お話を聞かせてもらいました。テーマに対し、自分の会社として思ってもらえているという意見が多かったです。そのためには、“目標・目的を一致させて、そのほかは社員のやり方に任せる”“心を開いてもらうために飲みの場を開く、なるべくコミュニケーションを多くとる”といった工夫を行っているとのことでした。継ぎたいと思ってもらえる会社づくりや、働きやすい環境をつくるのが大事との意見もありました。討論の中で、価値観が違うのは当たり前という意識を持つと働きやすくなるということを学びました。

 

 

グループ討論の中で楽しそうな表情や積極的に意見を交換する姿を見て、良い例会だなと思いました。

 

 

宮崎学園短期大学 松本 尚子